不動産の相続登記の相談先はどこ? - おぼえておきたい不動産の相続登記

おぼえておきたい不動産の相続登記
おぼえておきたい不動産の相続登記 > 不動産の相続登記の相談先はどこ?

不動産の相続登記の相談先はどこ?

不動産の相続登記が発生しそうなとき、なにか相談したいこともあるでしょう。
そんなときの受付先ですが、まず知っておきたいのは法務局です。
これは相続登記の手続きをする受付機関で、必要な書類の種類や、その作成方法など、基本的な流れはココで確認できます。
相談自体は無料で、その相続や対象となる不動産の資料を持参すれば、かなり具体的な相談ができます。

法務局の方でも、一度相談することをよくオススメしているんです。
相談ナシでやった場合、書類の不備でやり直しになることがあるからですね。
それをなるべく避けるため、この機関でもよく相談を受け付けていますから、手続きの内容や流れを確認したいなら、こちらへ相談に行ってみるといいです。

もし手続き面以外のことで相談したいことがあるなら、他の専門家がいいですね。
相続登記に関することなら、司法書士が専門家です。
この手続きが必要かどうか、上手な相続登記の方法の相談といったことなら、こちらの専門家に相談するといいでしょう。

また相続税についての相談や、手続きの代行を依頼できますので、自分で手続きできないときにもオススメです。



司法書士の利用費用ですが、依頼したい内容によります。
書類の用意は利用者でやり、登記の手続きだけお願いしてもいいですし、書類の用意からすべてをお願いしてもOKです。
それでかかる費用ですが、登記の手続きだけをお願いするなら、1件につき5~10万円程度、この手続きに必要な書類の作成や収集までお願いすれば、書類1件につき500~1000円程度といったところですね。
このような料金体系になっており、司法書士にお願いした作業内容に応じて、合計料金が請求されます。

このような相談先がありますが、相続登記の前段階、つまりは不動産を誰が相続するかといったことや、不動産を相続するときの基本などなら、弁護士や行政書士といった他の専門家でもある程度のアドバイスをもらえる場合もあります。
遺産相続にあたり、それら専門家と契約しているなら、ついでに不動産についても相談してみるといいですよ。