不動産の相続登記は司法書士まで - おぼえておきたい不動産の相続登記

おぼえておきたい不動産の相続登記
おぼえておきたい不動産の相続登記 > 不動産の相続登記は司法書士まで

不動産の相続登記は司法書士まで

相続した不動産の相続登記ですが、手続きが遅くなると相続自体が難しくなることもあるため、早めにやっておくことをよくオススメされます。
しかし慣れない手続きになる上、必要書類もたくさんあります。
専門家に手続きの代行を依頼したいこともあるでしょう。
そんなときは司法書士がオススメです。

相続でかかる手続きの専門家といえば、弁護士や税理士が有名ですよね。
それが相続登記になると司法書士になるワケは、それが登記に関する手続きだから。
不動産や相続に関わらず、登記の専門家は司法書士です。
手続きの代行をお願いしたいときは、これらの方にお願いするのが基本ですね。

代行をお願いすると、必要な書類の準備から申請書の作成、法務局での手続きまで、すべてをやってくれます。
相続登記をやりたい個人が、手続きの流れや必要書類を自分でチェックする必要がなくなり、非常にスムーズです。
また、実際に手続きした結果、一回で手続きが完了することも多いですね。
個人で手続きすると必要書類の抜け漏れがどうしても起こりやすく、一度の手続きではなかなか完了しないことも多いです。
そのため、法務局でも手続きの前に一度この役所か、もしくは司法書士への相談を推奨している場合もあります。
個人でも十分できる手続きですが、あまり時間や手間をかけられない場合、司法書士に頼むのがオススメです。

利用の手順ですが、まずはお願いしたい司法書士やその事務所まで、依頼の連絡をします。
だいたいは事前の予約が必要になりますので、飛び込みで行くよりは、事前の連絡がオススメです。
予約を取った当日には、相続登記をしたいことや、現在の状況を説明してください。
もう遺産分割協議も終わっている段階なら、相続登記に向け、手続きを開始してもらえます。
遺産分割協議書が必要な場合は、司法書士に依頼すれば一緒に作ってもらえますね。
書類の準備や作成は依頼主でやるか、それも含めて代行してもらうかで選べますが、あまり手続きに詳しくないなら、司法書士の方で用意してもらうといいでしょう。

準備が全部整えば、残りの手続きを全部やってもらえますので、依頼者の側でやることは特にありません。
自分ではやりづらいと思ったら、司法書士を頼ってみてください。