不動産の相続登記をする法務局とは? - おぼえておきたい不動産の相続登記

おぼえておきたい不動産の相続登記
おぼえておきたい不動産の相続登記 > 不動産の相続登記をする法務局とは?

不動産の相続登記をする法務局とは?

不動産を相続して、相続登記をしたいとき、最後に必要なのが法務局での手続きですよね。
ココは一体どういう場所で、ここで実際に何をすればいいのでしょうか?

まず法務局ですが、これは公の帳簿を管理している特殊な役所です。
市民生活に関する諸手続きができる普通の役所とは少し違いますので、間違えないように気を付けてください。
法務局で出来るのは、公の帳簿への記録です。
よく手続されるのは、不動産と会社の情報ですね。
それぞれの場所にある不動産や会社の名称、その所有者を公に記録できます。

記録には必要書類の準備や費用などもかかり、やや手間がかかりますが、一度記録ができれば、その不動産や会社が誰のものか、公に証明できます。
持ち主をハッキリさせ、日頃の使用や管理、処分や売却のとき、この記録があるかどうかが大事です。
法務局で手続きをし、所有者として登録されていない方では、その不動産を自分のものとして勝手に使ったり、売却したりできないんです。

不動産では特に大事なことですよね。
それを相続した場合、故人となった以前の所有者から、それを引き継いだ新しい方の名前へと変更するため、法務局での手続きが必要になるわけです。
ここでの手続きは、相続登記の手続きフローの一番最後になりますので、必要な書類はすべて揃えられていることも多いでしょう。
あとはそれを提出すれば終わりです。

提出先になる法務局は、今対象になっている不動産を管轄している場所です。
どこの法務局でもいいわけではありませんので、対象となる場所へ提出してくださいね。
提出方法は直接訪問し、窓口で提出してもいいですし、必要物はすべて揃っているなら、郵送でも可能です。
場合によってはオンライン申請を受け付けできる場合もありますので、チェックしてみるといいでしょう。

なお、提出書類に不備があると、審査に通らずにやり直しとなります。
それを避けるため、実際に提出する前に対象の法務局で一度相談することをオススメします。
事前に相談すると、必要な書類のチェックなどアドバイスをもらえますので、個人の申請でも成功しやすくなりますよ。