不動産の相続登記にかかる費用 - おぼえておきたい不動産の相続登記

おぼえておきたい不動産の相続登記
おぼえておきたい不動産の相続登記 > 不動産の相続登記にかかる費用

不動産の相続登記にかかる費用

不動産の相続登記ですが、無料でできるわけではありません。
多少は費用がかかりますので、このことは確認しておきましょう。

まず必要なのは、登記にかかる登録免許税です。
これは相続登記に限らず、法務局で不動産の所有者などを登録したり、変更したりするたび、必ずかかる手数料だと思ってください。
法務局で実際に申請を出した段階でかかりますので、支払先は手続きをした法務局です。
具体的にかかる費用は、不動産の場合、その固定資産評価額の0.4%と決まっています。
たとえば、その価値が500万円ある不動産を相続すると、その登記にかかる登録免許税は「2万円」です。
1000万円なら、「4万円」ですね。
実際に相続したその不動産の価値に応じて、費用がかかるわけです。
高額評価を受けている不動産を相続したときほど、登録免許税も高くなるわけですね。

その不動産の評価額は、市町村から送られてくる税金の通知書に記載がありますので、故人に届いていたその書類を見ると、必要な費用も計算できます。
それが見つからないときは、故人が取得していたその不動産の評価額の証明書を請求すれば、やはり評価額がわかります。
請求先は各市町村となりますので、費用を正確に知りたいときは、請求してみるといいでしょう。

このほか、相続登記にかかる費用は、添付書類を用意するためにかかる手数料ですね。
この手続きのため、故人のすべての戸籍謄本、住民票の除票、すべての相続人の現在の戸籍謄本や印鑑証明書など、たくさんの公的書類が必要になります。
これらは普通の役所に申請すれば発行してもらえますが、いずれも手数料がかかります。
具体的な値段は各書類や市町村にもよりますが、だいたい1通で400~700円程度が相場です。
故人のすべての戸籍謄本だけでも10通近くになる場合もありますので、場合によると、この証明書の発行だけで合計1万円ほどかかる場合もありますね。

相続登記をする場合、以上のような費用が掛かります。
何十万円もの高額な手数料がかかるわけではありませんが、意外とお金がかかる場合もありますので、費用はよく確認し、一度の手続きで終わるように慎重にやるといいですよ。