相続する不動産と借地権の意味 - おぼえておきたい不動産の相続登記

おぼえておきたい不動産の相続登記
おぼえておきたい不動産の相続登記 > 相続する不動産と借地権の意味

相続する不動産と借地権の意味

image


・不動産と借地権
相続財産に不動産があると、故人名義の土地や不動産を相続できるイメージがあるでしょう。
そのようなケースももちろんありますが、それとは少し違う形での相続になる場合もあります。
よくあるのが借地権です。
相続財産にこれがあったときその意味がわからなくて困っている方はよくおられます。
相続財産に不動産がある場合によく付いてくるその借地権ですが、その意味についてご紹介しましょう。

借地権とは他人の土地を使う権利のことです。
これが相続財産にあるとき、故人が自分のもののように使っていた土地があると思いますが、実はその土地は正式には故人の持ち物ではなく地主から借りていたわけです。
相続が起きたときには目に見える物理的な資産のほか、権利といった目に見えないものも相続財産となります。
つまり故人が地主から土地を借りる権利、つまりは借地権を持っていたとき、その権利も相続財産に含まれるのです。
単純に遺産を相続した場合、相続人と同じようにその土地を地主から借り続けられます。

・借地権の特徴
借地権を相続するかどうかで知っておきたいのは、これを持っているとその土地を自分の土地のように使えること。
もちろん売買や又貸しといったことはできない場合があるのですが、その土地の上に自分の自宅を建てるといったことは可能です。
これを相続したときすでに故人名義の家が建っていることも多いですね。

土地とその上に建っている建物の所有者が違うといった状況に問題はないのかというと、それは問題ありません。
その土地の使用権を持っていないのなら問題ですが、借地権を取得してその土地を使う権利を持っているなら問題ないのです。
その建物を相続し故人が生きていた頃のようにその自宅や土地を使いたいなら、借地権も相続するのが基本です。

ただし借地権を持っていると賃料が発生します。
あくまで地主から土地を借り続けているわけですから賃料も発生し続けます。
これは借地権を相続するときに気をつけたいポイントですね。

・借地権の相続方法
先にもご紹介したとおり、借地権があるときはその他人名義の土地の上に故人が自宅を建てているケースが多いです。
その不動産と借地権をセットで相続するのが基本です。
また、それらを相続する方はできるだけ同じ人にした方がいいですね。
借地権の持ち主と、その土地に建っている不動産の所有者は一致しているのが基本なのです。
ですから借地権とその土地の建物は極力同じ方が相続した方がいいですね。
この点は注意してください。
なお、借地権の相続をするときに地主の了承は必要ありませんし、更新料といった料金の支払いも必要ありません。
借地権の意味について確認し、適切に対応してください。