相続する不動産が借地権の場合 - おぼえておきたい不動産の相続登記

おぼえておきたい不動産の相続登記
おぼえておきたい不動産の相続登記 > 相続する不動産が借地権の場合

相続する不動産が借地権の場合

image

相続する際、考えておきたいのが不動産が借地なのかどうかという点です。
借地というのは、文字通り誰かから借りている土地のことであり、その上に住宅などを建てているという方も少なくありません。
その土地を借りる権利のことを借地権と言います。
借地権がある場合は、地主から土地を借りる権利を持っているということですから、その土地を半永久的に使っていくことができることを意味します。
しかし、その借地権を持っていた方が亡くなった場合、どうなるのでしょうか。
この借地権に関しても、実は相続することが可能です。
それはそのはずで、突然借地権の所有者が亡くなったからと言って、「じゃあ権利もなしね」と言われれば、困ってしまう方も多いでしょう。
例えば、被相続人から土地や建物を相続して、そこで新たに生活しようと思っている場合は、借地権を剥奪されてしまうと困ってしまいます。
そのため、一方的に地主が借地権を剥奪するということはできません。

基本的に相続の際には、地主の承諾は必要ありません。
つまり、借地権を相続した相続人が、そのまま借地権を有して使っていくことができるようになります。
ただ、土地の借地権を相続した場合は、その旨を地主に通知しなくてはなりません。
さすがに地主も借地権の所有者が変わっているのに通知されないというのは、あまり良い気がしませんよね。
そこはしっかりと通知するようにし、相続に関しても進めていくことが必要です。
なお、建物の所有権は相続人名義に相続登記しなくてはならないので、そこは注意が必要となってきます。
それらの手続きに関してはわからないこともあると思うので、気になるという時には専門家にサポートしてもらうことをおすすめします。

特に一般の方だと、借地権と言われてもそもそもわからないという方が多いですし、相続に関する知識もあまり持っている方はいません。
ただでさえ身内が亡くなってバタバタしているのに、そういう手続きや申請も必要となるというのは、かなり大変なのではないでしょうか。
もちろん、借地権の相続だけなら難しいことはありませんが、その他の相続もあるはずなので、まとめて専門家に相談しておいた方が良いかもしれません。
安心かつ安全に相続を行いたい場合は、司法書士や行政書士、弁護士、税理士などの意見を参考にしてみてはいかがでしょうか。
きっと助けてくれますし、心強い味方になってくれるはずです。