相続による不動産の借地権割合 - おぼえておきたい不動産の相続登記

おぼえておきたい不動産の相続登記
おぼえておきたい不動産の相続登記 > 相続による不動産の借地権割合

相続による不動産の借地権割合

image

相続を考える場合、知っておきたいのが不動産の借地権割合です。
借地権というのは、所有者から土地を借りて、建物を建てる目的などで使っていく際の権利のことを意味しています。
つまり、建物などは自分で建てるものの、土地などは他の人から借りるという時、借地権が必要となるということです。
しかし、借地権に関しては、相続の対象となるかどうかわからないという方も多いのが実情となっています。
事実、他人から借りているものなので、借地権自体が相続の対象となるのかという点は気になるでしょう。
結論を言うと、借地権も対象となります。
事実、それらの相続の際に必要となってくるのが借地権割合です。
この借地権割合というのは、簡単に言えば自分が所有者として持っている権利の割合のことを意味します。

相続の際には、それらの割合を計算して、その割合の分だけ相続するということになります。
借地権の考え方は若干手間や面倒もかかるため、しっかり計算していくことが必要となるでしょう。
わからないことがある場合は、専門家に相談した方が良いかもしれません。
事実、借地権に関しては、色々なパターンがあります。
例えば、借地権の所有者が亡くなるという場合もありますし、その土地の所有者自身が亡くなるという場合もあるでしょう。
そこはしっかり考えておくことが必要となるのではないでしょうか。
まずはじっくりと考えて対応していくようにしてください。
なお、わからないことがあるのなら、専門家に相談してみてください。
相続のことなら、色々と相談に乗ってくれるサービスもあります。
特に不動産のことなどは、しっかりと専門家と計算しておいた方が良いと言えるでしょう。

ちなみに、専門家というのは弁護士もいれば税理士もいますし、司法書士や行政書士もいます。
そちらも上手に活用してみてはいかがでしょうか。
それらの専門家であれば、それぞれの相談パターンによって対応もしっかりとしてくれます。
なお、借地権などは素人ではわからないこともありますし、例えば所有者の被相続者が亡くなった場合などは、特に割合がどうなっているかなどもしっかりと計算しなくてはなりません。
そこもしっかり考えられるようにしておく必要があります。
まずは必要になる専門家を選定して、相談する内容などに関しても考えておきましょう。
そうすれば、より安心して話を進めていくことができるはずです。
頼れるところは頼りましょう。