相続で必要になる調査 - おぼえておきたい不動産の相続登記

おぼえておきたい不動産の相続登記
おぼえておきたい不動産の相続登記 > 相続で必要になる調査

相続で必要になる調査

相続で必要になる調査

相続が起きた直後にすべきことは遺産の調査です。
これができないと遺産分割もできませんし、相続税の計算等もできません。
必要な手続きの内容も遺産の総額や内訳次第となりますから、できるだけ速やかにこの調査を始めてください。

具体的には故人の遺産となるものを把握していきます。
現金や預金、車や貴金属類などの比較的高額な動産はもちろん、不動産なども遺産になりますから、これの有無を調べていきます。
この調査を行うとき非常に参考になるのが、故人が作成した財産目録です。

どんな財産があるのかを故人がリストアップして一覧にまとめてくれた書類があれば、それを参考にして調査を進められます。
ただしこれが絶対に正しいとは限りません。
その目録がいつ作成されたのかわかるとは限りませんし、故人が目録に入れ忘れた財産がないとも限らないのです。
その目録は重要な参考資料としつつも、遺産の調査は遺族の方でまた個別に行ってください。

調査の進め方ですが、おすすめなのはの郵便物や銀行の通帳を参考にすることです。
郵便物を見ると、故人が持っていた遺産に関する通知書などが見つかることも多いのです。
銀行の通帳も同じで、それを見ることで故人が持っていた資産の手掛かりが見つかることもよくあります。

そしてこれら調査を行うと、故人が何か借金を背負っていた可能性もわかります。
たとえば返済に関する通知や、返済のためと思われる引落があれば、故人が借金をしていた可能性が高いとわかりますね。
借金や負債も相続される遺産の1つになっていますから、郵便物や通帳の記録をしっかり確認してください。

そして遺産調査をするときは故人が不動産を持っていた可能性がないか、よく注意してみてください。
故人がどこかの土地や建物の所有者になっているケースは比較的よくあります。
これもまた郵便物の調査等でわかります。
不動産を持っていると固定資産税の支払いが必要になるケースが多く、その通知書が届いていることが多いのです。

もし故人が不動産を持っていた場合、それも相続財産になります。
せっかくの遺産がもれないようにしっかり調査して見つけてください。
故人が不動産を持っていた可能性があると思えば、市役所で名寄帳をもらうという方法もおすすめです。

名寄帳とはその市町村にある不動産で、特定の方が持っているものを一覧で表示したものです。
相続が起きたときに故人が持っていた不動産を調査するためによくこれが確認されます。
このような調査で故人の遺産を把握していってください。