いつまでに相続手続きをやればいい? - おぼえておきたい不動産の相続登記

おぼえておきたい不動産の相続登記
おぼえておきたい不動産の相続登記 > いつまでに相続手続きをやればいい?

いつまでに相続手続きをやればいい?

おぼえておきたい不動産の相続登記

身内が亡くなったら、葬儀などのほか、相続の手続きも進めないといけません。
これはいつまでにやればいいのでしょうか?

まず最初にあるのが、3か月という期限です。
これは相続放棄の期限になります。
遺族は故人の資産等を相続できますが、受け取らないこともできます。
故人が借金を残したまま亡くなっている、遺産分割を巡ってトラブルになっている、故人とはすでに縁が切れており関わりたくないといった理由で、放棄が選ばれることが多いです。

この放棄が選べる期限は相続の開始を知ってから3か月以内となり、この間に放棄しなかった場合は、遺産を単純にすべて相続したものとみなされます。
放棄を考えているときは、被相続人が亡くなってから3か月以内という期限があるため、いつまでに決断と手続きが必要か、よく確認してください。

そしてこの期限を過ぎると、放棄しなかった相続人は全員遺産を相続するものとして扱われます。
そして次に遺産分割協議を行い、誰がどう遺産を引き継ぐのかを決めていきます。
これはいつまでにやるべきでしょうか?
これは、被相続人が亡くなった日から約10ヶ月以内です。

このような期限があるのは、相続税の申告のために、遺産分割方法をまとめる必要があるためです。
相続税は各相続人が引き継ぐ遺産の内訳や量が具体的に決まらないと、その税額を計算できません。
そのため相続税の申告期限までに、遺産分割協議を終えるのが望ましいのです。
その相続税の申告期限となるのが、被相続人が亡くなってから約10か月後の日なのです。
相続の重要な手続きとなる遺産分割協議は、この日を目安に行っていくといいでしょう。

このように相続手続きはいつまでにやればいいのか、目安があるのですが、これら手続きの結果、自分が不動産を相続できることに決まったとき、登記の手続きが必要にあります。
これはいつまでに手続きをやればいいのでしょうか?

これについては、いつまでと期限はありません。
ただ、なるべく早く手続きすることがおすすめです。
相続の手続きが一通り終わり、余裕ができたらすぐに手続きするといいでしょう。

気をつけたいこととして、登記をしなくても不動産の使用はできます。
困るのはその不動産を売却するときや処分するときです。
このときに登記をしていないと、名義上の所有者と実際の使用者が一致しないため、そのままではすぐに売却や処分ができなくなります。
このときに困らないよう、明確な期限のない不動産登記も、いつまでにやると個人的に期限を決め、その日までにやっておきましょう。