不動産の相続登記に必要な書類はなに? - おぼえておきたい不動産の相続登記

おぼえておきたい不動産の相続登記
おぼえておきたい不動産の相続登記 > 不動産の相続登記に必要な書類はなに?

不動産の相続登記に必要な書類はなに?

不動産の相続登記をするとき、多くの書類の作成や用意が必要になります。
具体的に何が必要になるのか、ご紹介しましょう。

まずは相続登記のための申請書です。
この申請書は記入事項に罫線や枠組みもなく、とてもシンプルな書類で、項目さえわかっていれば自分でも作れます。
ただ、ひな形がWEB上で公開されていますので、コレを入手して穴埋めしていくのが簡単でオススメですね。
記入事項は、登記の目的、相続人、添付書類、申請日、不動産の表示などです。

このほかに必要な添付書類は、まずはその相続登記の対象になっている不動産の登記証明書。
登記の申請先である法務局で取得できます。
今申請しようとしているその不動産が誰のものになっているか、現状を確認するための資料です。

そして、以前の所有者と、これから登記する方に関する書類を用意します。
まずは故人のすべての戸籍謄本です。
相続人を確定するため、故人の出生から死亡までに至る、一連の戸籍を入手していると思いますが、それがまた必要になります。
近場の役場ですべてが揃わない場合は、早めに用意しておきましょう。
そして、亡くなった故人の住民票の除票が必要です。
その故人が確かにその不動産の持ち主であったことを調べるため、必要になる資料です。

そして、相続人全員の、現在の戸籍謄本が必要になります。
これは故人のもののように、出生まで遡れるすべてのものは不要です。
現在の戸籍謄本で、故人との関係性を証明できるものならOKですね。
そして、これから登記の申請をしようとしている方の住民票が必要です。
所有者となる方の身分証明と、住所の確認をするための書類ですね。

最後に、遺産分割協議書が必要になる場合があります。
法定相続分を超えて、特定の相続人が不動産を取得するとき、この書類が必要になり、その場合は相続人の全員の印鑑証明書もあわせて必要です。
ケースに応じて必要なら用意してください。

このように、不動産の相続登記にはたくさんの書類が必要になります。
ケースによっても必要書類が変わる場合もありますので、実際に申請する前に法務局や司法書士などに確認すると確実ですよ。