相続登記の代行 - おぼえておきたい不動産の相続登記

おぼえておきたい不動産の相続登記

相続登記の代行

おぼえておきたい不動産の相続登記

不動産を相続したときは相続登記が必要になりますが、時間がなかったり、やり方がわからなかったりと、その手続きは先延ばしとされることも少なくありません。
不動産を使用すること自体には、登記が無理に必要ないこともあります。
たとえば住宅など、故人の名義のままでもそのまま住み続けるのに支障はありません。
ただ、登記を終えないと将来的に困ることになりますから、必ずやっておくことが大事です。
もし自分でやるのがなかなか難しいと思ったら、代行の依頼を考えるといいでしょう。

相続税の申告を税理士に依頼できるように、登記もまた専門家へと依頼できます。
その専門家は誰になるかというと、基本的には司法書士です。
この相手の専門は登記になりますから、相続が起きたとき、不動産の名義変更をしたいときなど、まさにぴったりの相手です。

代行を依頼したいときは、まず司法書士を探します。
なるべく近くにいる相手を探すと依頼の手続きも楽になりますが、相続登記に応じられるか、今対象になっている不動産の登記変更ができるかといった、実務上のポイントで相手を選ぶといいでしょう。

候補の相手が見つかったら、そちらまでまずコンタクトを取ってください。
最近ではその司法書士のHPのフォームや、メールでの申込みができることも多いです。
これらなら24時間受付可能ですから、都合のいいときに申込みをしてみてください。

その後、司法書士と直接相談となります。
すでに遺産分割協議も終わっており、その不動産の相続登記だけが問題になっているときなど、話は非常にスムーズです。
その登記の代行ができるかの判断のほか、費用の見積もりなども出してもらえます。
それを見て依頼するかを決めてもOKです。

なお、相続登記をするとき、その相続人が本当にその不動産を相続することで合意ができたのか、それを確認するためにも遺産分割協議書の提出を求められます。
これは登記のときに必要な書類の1つにもなりますから、必ず必要です。
遺産分割協議がまだ終わっていなかったり、全員の合意が取れていなかったりするときは、まずはそちらを終わらせないと、登記の代行も依頼できませんから注意してください。

これら必要物の用意や正式な依頼、費用の支払いなどが終われば、司法書士の方で相続登記を代行してくれます。
登記が完了するまでには2週間ほどかかることもありますが、依頼人の方でやることはないため、非常に楽な方法となります。
このように相続登記は代行の依頼が可能です。
依頼する相手は司法書士が基本となりますが、相続を専門とする税理士にもこの相談ができることがありますから、これら専門家まで相談してみてください。