相続登記のチェックリスト - おぼえておきたい不動産の相続登記

おぼえておきたい不動産の相続登記
おぼえておきたい不動産の相続登記 > 相続登記のチェックリスト

相続登記のチェックリスト

おぼえておきたい不動産の相続登記

相続登記は法務局へ書類を提出するのが基本になりますから、自分でも対応できます。
ただし必要な書類がすべて揃っていることが必要です。
普段からよくやる手続きではありませんから、ここでどんな書類が必要なのか、よくわからない方も多いでしょう。
相続登記で必要な書類のチェックリストをご紹介します。

これは遺言があるときとないときとで必要な書類が変わるのですが、一般的に遺言がないケースの方が多いため、そちらを基本に覚えておくといいでしょう。
まずはこれから登記の変更をしたい不動産の登記事項証明書。
対象になっている不動産を明確にし、さらには現在の登記の状況の確認にもなります。
これを基本にして登記を変更していきますから、必ず用意してください。

次に被相続人の住民表の除票。
その不動産の元の持ち主が亡くなったことを証明するために必要です。
次に被相続人の戸籍謄本で、出生から死亡まで辿れるもの。
故人がこれまでどういう家族関係で生きてきたかを証明する書類です。
相続人の確定のために必要な書類となります。

次に相続人全員の現在の戸籍謄本。
これは被相続人との家族関係の証明のほか、相続が起きた時点でその相続人が生きていたことを証明するもので、自分に相続の権利があることを証明する書類となります。

次に遺産分割協議書。
今回発生した相続について、遺産をどう分けることで合意したのか、それを証明するために必要です。
なお、相続人が1人しかいない場合、その唯一の相続人がすべての遺産を相続するのが明らかですから、この書類は不要です。

次に相続人全員の印鑑証明書。
遺産分割協議書には相続人全員分の実印が必要になるのですが、その実印が本物だと証明するために必要になります。
ですから遺産分割協議書が不要な場合、この印鑑証明書も不要となります。

次に物件を取得する相続人の住民票。
今対象になっている不動産の次の所有者となる人について、その現住所などの身元を確認するために必要です。
最後に、今対象になっている不動産の固定資産評価証明書。
相続登記のときには登録免許税を納める必要がありますが、その関係で必要になる書類です。

相続登記で必要になる書類のチェックリストはこのようになります。
もし遺言がある場合は、遺言書、対象になる不動産の登記事項証明書と固定資産評価証明書、被相続人の住民票の除票、被相続人の死亡時の戸籍謄本、その不動産を相続する相続人の戸籍謄本と住民票が必要です。
状況によってチェックリストが変わりますからよく確認してください。