不動産の相続はいつまで? - おぼえておきたい不動産の相続登記

おぼえておきたい不動産の相続登記
おぼえておきたい不動産の相続登記 > 不動産の相続はいつまで?

不動産の相続はいつまで?

おぼえておきたい不動産の相続登記

遺産相続の際の代表的な財産と言えば不動産があげられますが、これはマンションやアパート、土地、農地、建物、店舗、に加えて借地権、借家権など不動産とその関連する権利のことを指しています。
不動産に限らず、遺産相続をするときに考えなければならないのがまず法定相続人と相続財産を明確にすることで、これが遺産相続のスタートと言っていいでしょう。

遺産相続は被相続人が亡くなったその日からはじまりますので、通夜や葬儀が終わった後速やかに戸籍調査と財産調査を行い、そこで法定相続人と相続財産を明らかにします。
このときに遺言書が残されている場合はそちらが優先されますので、裁判所で検認を行い、問題がなければ遺言書に記載されている通りに遺産相続を行います。

これらのことが終わったら遺産分割協議を開始しますが、ここまでで相続放棄あるいは限定承認をするなら決断しておかなければなりません。
相続放棄と限定承認の期限は被相続人が亡くなってから3カ月以内となっているため、遺産分割協議をはじめる前に決めておくのが望ましいでしょう。

不動産の評価はあらかじめやっておくことで明確になりますが、変動も激しいので評価してもらったら速やかに遺産分割協議を行い、相続人を決定してください。
そして各不動産の相続人が決まったらそれぞれが相続税について調べて、相続税がかかるようであれば申告書を作成して税務署に提出します。

相続税の申告期限は被相続人が亡くなってから10カ月以内となっていますので、それまでのところで必ず納付しておきましょう。
万が一納付できていなければペナルティが課せられますので注意してください。

そして相続した不動産は名義変更する必要があるので、登記手続きを行いますがこの期限はいつまでなのでしょうか?
実は不動産登記には明確な期限が設けられておらず、極論を言えば登記をしないままでも構いません。

ただし登記をしないということによっていろいろなデメリットが生じるのであまり好ましいとは言えません。
具体的に言うと不動産を売却したり、不動産を担保に提供したりできませんし、放置していることによって他の相続人に勝手に不動産を処分される可能性があります。

また後々登記をしようとしても相続登記ができなくなってしまう可能性がありますし、時間が経った後に登記するほうがトータルのコストが高くなりやすいので自分が相続人になるなら早めに登記しておいたほうがお得です。