不動産を相続するときにかかる税金 - おぼえておきたい不動産の相続登記

おぼえておきたい不動産の相続登記
おぼえておきたい不動産の相続登記 > 不動産を相続するときにかかる税金

不動産を相続するときにかかる税金

おぼえておきたい不動産の相続登記

遺産相続の対象となる財産にはいろいろなものがありますが、その中でも土地や建物といった不動産は代表的な財産になると思います。
そして遺産相続をするとなると考えなければならないのが相続税についてで、これはかかる場合とそうでない場合があります。

まず相続税は不動産に限らずすべての遺産が対象となり、自分が相続する遺産の総額が基礎控除額あるいは配偶者控除額を上回る場合に発生します。
基礎控除額は平成26年の12月31日までは5,000万円+1,000万円×法定相続人の数の計算式で出すことになっていましたが、税制の改正にともなって平成27年1月1日からは3,000万円+600万円×法定相続人の数で計算するようになっています。
つまりおよそ4割の縮小があったことになりますから、当然相続税の対象となる人も増えますので相続税はより多くの人が考えなければならないことなのです。

そして不動産を相続するときにかかってくるのは相続税以外にも登録免許税が必要になり、これは土地や建物の所在地や面積、所有者の情報を登録するときにかかってくる税金で、「固定資産税評価額×0.4%」の計算式で出すことができます。
計算するときには固定資産税評価額は1,000未満切り捨て、また登録免許税は100円未満切り捨てとなりますので注意してください。
そして固定資産税評価額は金額によって登録免許税が変わってきて、500万円なら2万円、1000万円なら4万円、3000万円なら12万円、5000万円なら20万円、1億なら40万円となっていますからまずは自分の相続する不動産の評価額を明確にする必要があるでしょう。

登録免許税は税額分の印紙を購入して相続登記申請書に貼り付けて提出するだけなので簡単ですが、先ほど紹介したように評価の部分が難しい場合があります。
したがって自分だけで行うのは少し不安な部分もあると思いますので、できれば税理士など専門家に相談しながら手続きを進めることをおすすめします。
専門家を探すときには信頼できる人に依頼しなければなりませんから、相続が決まったからと言って急いで決めるのではなくできるだけ多くの選択肢を得るためにも十分に情報収集してください。

一番良いのは普段から税理士とコミュニケーションを取れる状態にしておくことで、これは遺産相続時以外にも役立ちます。
最近ではインターネット上からも相談ができるのでそういったものから利用してみるのもいいかもしれません。