不動産で相続対策 - おぼえておきたい不動産の相続登記

おぼえておきたい不動産の相続登記
おぼえておきたい不動産の相続登記 > 不動産で相続対策

不動産で相続対策

おぼえておきたい不動産の相続登記


税金について関心がある人の中には現金をそのまま持っているよりも不動産に変えてしまったほうが相続対策になるという話を聞いたことがあると思いますが、いざどのようにすればいいのか分からない…という声も多く聞かれます。
なぜ現金を不動産に変えることが相続対策になるのか、また不動産と言えば評価が難しい…というイメージもありますので、実際に行動を起こすとなると躊躇してしまうケースも少なくありません。
そこで今回は不動産で相続税対策するとなぜメリットがあるのか簡単に説明していきますので参考にしてください。

まずひとつめは不動産を相続する場合「土地の評価額が20%~30%程度下がる」からで、これは国税庁が定めている土地の評価額が評価基準になりますが、これは時価の70%~80%となるため、相続することによって20%~30%程度下がるのです。
土地の評価額の詳しい試算方法については国税庁のホームページ(http://www.rosenka.nta.go.jp/)を参考にするといいでしょう。

ふたつめは「建物の評価額が最大で50%程度下がる」からで、これは建物の評価が固定資産評価額で決められるからで、固定資産評価額は相続するときには時価の50%程度まで下がると言われています。

そしてみっつめは「賃貸マンションや賃貸アパートにして部屋を第三者へ貸すことによって節税効果が期待できる」からです。
賃貸マンションや賃貸アパートにして第三者に貸し出す場合、相続するときには土地や建物の評価基準だけでなく評価額がさらに30%減少しますから、かなりの節税効果が期待できるのです。

まとめると土地の場合は自宅などで利用すると地価の評価額が70%~80%、賃貸で貸し出すと50%~55%になりますし、建物の場合は自宅などで利用すると評価額が50%、賃貸で貸し出すと35%になるわけです。
つまり現金から不動産に変えるだけでなく、それを第三者に貸し出すだけで大きな節税効果が期待できることが分かります。
さらに小規模宅地等の特例を適用させた場合も親の名義で建物を建てられるなどのメリットがあります。

このように不動産は相続対策には最適な手段なので、知っている人は早くから行動に移しています。
知らないからと言ってそのまま放置していると損をしてしまいますし、いざ相続する時点ではもう遅いですから早めに行動することが大切です。
専門家を交えて進めて行くと確実かつ分かりやすいのでおすすめです。