相続放棄したときの不動産の登記 - おぼえておきたい不動産の相続登記

おぼえておきたい不動産の相続登記
おぼえておきたい不動産の相続登記 > 相続放棄したときの不動産の登記

相続放棄したときの不動産の登記

おぼえておきたい不動産の相続登記

遺産相続が起きたとき、財産に不動産が入っていたら、その登記を変更しないといけません。
登記とは、その不動産の所有者などの情報を登録しておくことです。
建物や土地など持っているときはこの登記が必要で、所有者など変わったらそれに合わせて登録内容を変更しないといけません。
では相続放棄をしたときは、これはどうしたらいいのでしょうか?

莫大な借金がある、資産の扱い方がよくわからない、税金でむしろ赤字になるなど、何らかの理由で不動産を含むすべての遺産の相続を放棄した場合、登記はどうなるのかというと、これは必要ありません。
相続放棄とは、相続人としての権利を一切放棄することだからです。
一度これをした方は、もう相続人として扱われず、ほかの相続人だけで遺産を分割します。

そのときの遺産相続で相続人となる方が全員放棄した場合、候補者が一人もいなかったものとして扱われ、親族は誰も遺産を引き継がずに終わりとなります。
相続を放棄した時点でその不動産の所有権や管理責任などもなくなりますから、登記の手続きをする必要はありません。
手間も費用もかかりませんから、もしその不動産など遺産がいらないと思えば、相続放棄を選ぶのが一番です。

このようになっていますが、全員が相続放棄をしたのではなく、相続人の何人かが放棄し、残りのメンバーが不動産を含む遺産を引き継いだときは、どうなるでしょうか?
このときは登記の手続きが必要です。
その手続きをするのは、相続人の中で実際にその不動産を引き継ぐ方ですね。

このときの手続きは、通常の相続登記と基本的に同じです。
手続きは法務局という登記を受け付けしている役場で行います。
基本的には書類の提出で、登記の申請書、その不動産の登記証明書、遺産分割協議書、故人と相続人の戸籍謄本などを提出します。
これらでその不動産の元の持ち主が亡くなり、相続人が新しい持ち主となることがわかりますから、新しい持ち主の情報に書き換えるんですね。

相続放棄した方がいても問題ないように見えますが、このときは添付書類に相続放棄申述受理証明書が必要になります。
これは相続放棄したことを証明する公的な書類で、家庭裁判所でもらえます。
これが必要になるのは、相続登記は他の相続人の同意が必要になるからです。
相続を放棄したのかどうかは、故人の戸籍謄本を見ただけではわかりません。
それを見ることでむしろほかにも相続人がいることがわかるのですが、その方が放棄したのなら、その証明書を添付することで、この方はもう相続人ではないのだと証明できるんですね。
相続放棄した方がいる中での相続登記はこのようになります。